全国最大の日雇い労働者の寄せ場-釜ヶ崎での労働組合活動の報告をします。


by kamanichirou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
本日午後5時10分 三角公園にて


第39回釜ヶ崎夏祭り前夜祭

なかまのみなさん!
連日の酷暑、雨が降れば大雨、という厳しい天候の中、現場仕事、アルミ缶、段ボール、仕事探しと、様々な仕事に励んでいることと思います。今年も早八ヶ月目を迎え、お盆になりました。
今日の午後からステージが始まり、五時からは前夜祭が始まります。
故郷に錦を飾ることもできなくなり、ここ釜ヶ崎を第二の故郷と決めた仲間たちで、今年も、自分たちの祭りを作り、現場で酷使される憂さ(うさ)、厳しい失業・野宿生活の憂さ、生活の中で生きがいを見いだせない憂さ、日頃の全ての憂さ晴らしをしましょう。
現金がなくても、無料企画が盛りだくさん。アルミ缶を集めてアルコールや食べ物にすることもできる。
相撲大会、綱引き、スイカ割り、ステージの演奏や、歌を楽しみ、自らステージに上がってのど自慢。毎日の締めは盆踊り。
今年も、釜ヶ崎労働者自身が創る、釜ヶ崎の祭りを、おおいに楽しみましょう。


労働者の団結を固めよう

 元祖貧困ビジネスのヤカラ集団-釜合労は、特掃の賃金問題で、労基署にも相手にされなかったことに腹を立て、国家権力の一機関=裁判所に泣きついた。いつも裁判所に対し、不当判決だとか、不公正だとか言っていながら、国家権力-裁判所に判断をお願いするのは、七九年の全港湾に対する「百円強制カンパ訴訟」の時から一歩も進歩していない証しであり、パフォーマンスだけのエセ「反権力」の真の姿だ。
この裁判は、釜ヶ崎労働者が反失業闘争で勝ち取った、「保険料の労働者負担分を行政に肩代わりして払わせる」という成果を、「支払わないほうが得をするから、まじめに裁判で争いもしないだろう大阪市、大阪府を被告として訴える」という茶番劇の裁判だ。
特掃労働者のためでなく、ヤカラたちが勝つ(行政も喜ぶ)ことだけを目的にした裁判だ。


5700円から保険料が引かれる

 この裁判でヤカラの言い分が通れば、輪番労働者は5700円から労働者負担分を引かれるようになってしまう危険な裁判だ。行政も喜ぶのだから充分にその可能性がある。ヤカラが当初宣伝した「賃上げ」とは違い、賃下げになるのは見え見えだ。


売名・茶番劇の裁判を許すな

 第三の被告NPO釜ヶ崎は行政の下請けで、釜ヶ崎労働者の運動の声を背景にしてしか発言権がない。それを見越してヤカラたちは裁判を起こしたのだ。
釜ヶ崎労働者の利益などお構いなし!外向けに「裁判に勝った○○」と自分の名前を宣伝したいがためだけに、釜ヶ崎労働者を踏みにじる、元祖貧困ビジネスのヤカラ集団-釜合労の裁判を許すな。


自ら露呈させた元祖貧困ビジネスの正体!

 ヤカラ集団は、先月、大阪市への質問状で、特定の民間企業である不動産業者を「○○商事は貧困ビジネスではありません」と擁護していた。公的機関に対して、公式文書で、一民間企業を擁護する運動団体など前代未聞、聞いたことも、見たこともない。
 なかまたちが「紹介料をくれる」「生活用品を買ってくれる」と噂する業者をわざわざ行政に擁護・推薦し、その一軒だけを居宅申請者に紹介するのはなぜなのか…。
当然業者のこういう行為は営業上の利益を上げるためであり、不法行為ではない。しかし、税金を出す側の行政はそういう余裕があるなら敷金・礼金を値下げしろというのだろう。


「居宅保護をかちとる闘い」のまやかし

 また、ヤカラたちは、舞洲自立から若い人たちを引き抜いて居宅保護申請の「支援」をしているが、四角公園の炊き出しに並ぶ釜ヶ崎労働者に居宅保護の支援をしないのはなぜなのか。
支援金・支援物資集めを自己目的化したお粥の「炊き出し」に並ぶ人間が減るからなのか。
だから、昨年の秋までは生活保護の不自由ではなく、「野宿の自由」を声高に叫んでいたはずではないのか。「自立から50人」と外向けには「実績」を強調しているが、今頃、居宅保護路線に変わったのは、「何かいい事でもあるのか」と考えるのはゲスの勘ぐりなのか。


釜の労働者は真実を知っている。

 釜ヶ崎労働者が知っている。この地域の中で、居宅をとる支援をしてきたのは、医療連であり、NPO釜ヶ崎であり、夜間学校であった事を!
そして何より、ふるさとの家に至っては昨年五百人以上のなかまを畳の上にあげたのだ。
ヤカラたちの言う50人の実績とは、彼らがつるむ○○商事で抱えきれるだけの人数ではないのか。


悪徳業者、エセ運動家に惑わされず、労働者の団結を固めよう!

なかまのみなさん!
 こうした、労働者の味方のフリをしながら、何十年にもわたって食い物にしてきたやつらを許してはなりません。
我々が「安心して働き、生活できる釜ヶ崎を」創るためには、真実を見極め、先輩たちや、我々自身が闘いとってきた権利をぶち壊そうとするヤカラたちと、断固とした闘いをしなくてはなりません。
日雇健保、国民皆保険制度を壊し、特掃の賃下げをしようとするヤカラと断固として闘いましょう。


夏祭りで団結を固め、特掃週三回、55歳以下の仕事をかちとろう!

 39回目を迎える釜ヶ崎夏祭りで、ストレスを発散させ、ひとときの休息をとり、団結を固め、来年の緊急雇用対策打ち切りとの闘い、そしてなによりも、全国の非正規労働者との連帯・団結を通して、自民・公明党時代にぶち壊された世の中の仕組みに対し、安心して働き、生活できる新しい仕組みを創るための闘いに進んで行きましょう。
[PR]
# by kamanichirou | 2010-08-12 13:09

第39回釜ヶ崎夏祭り

第39回釜ヶ崎夏祭りだ!
c0212365_1181218.jpg


安心して働き、生活できる釜ヶ崎を実現しよう。

①特掃、週3回で就労自立を勝ち取るぞ!
②55歳以下の、年齢制限のない仕事を勝ち取るぞ!
③緊急雇用事業を継続しろ!
④アルミ缶、ダンボール集めを就労努力と認定しろ!
⑤生活保護を食い物にする、貧困ビジネスを取り締まれ。
⑥日雇い雇用保険、日雇い健康保険の受給資格を緩和させよう!
⑦新しい社会保障の仕組みを創ろう!
⑧朝鮮人学校への差別を止めろ。すべての人々を公平に!
⑨憲法9条を守れ。日米安保、日米地位協定を破棄せよ。
⑩正規・非正規を問わず、闘う労働者の団結を!
⑪反戦・反失業・反差別の闘いを前進させよう!
⑫誰もが人間らしく生活できる社会を!

c0212365_116365.jpg

c0212365_1191722.jpg
[PR]
# by kamanichirou | 2010-08-07 01:20 | 組合活動報告


第41回 釜ヶ崎メーデー 宣言


 126年前、資本の横暴に対してシカゴの労働者たちが立ち上がった。

 1日14時間を越える過酷な労働に、彼らは叫んだ。「8時間は仕事のために。次の8時間は休息のために。そして次の8時間は俺たちの好きなことのために」と。

 この闘いは時をおいて全世界の労働者に広がり、1890年、ヨーロッパ各国を含めて第1回国際メーデーが開催され、全世界の労働者のスローガンとなった。

 日本ではどうか。戦争の生々しい傷跡の残る1946年、第17回メーデーが盛大に開催され、戦後労働運動の新たな再出発を誓い合った。スローガンは「働けるだけ喰わせろ!」だ。


 メーデーは歴史の示すとおり、労働者が闘いを宣言する日だ。釜ヶ崎メーデーもまた、一貫してこの精神を継承してきた。

 1970年第1回釜ヶ崎メーデーが行われ、西成署の「釜ヶ崎でのデモを不許可」に対し、仲間たちはプラカードを林立させ、赤旗を打ち振って「ドヤ代を下げろ」「日当3,000円以上にしろ」「手配師人夫出し追放」と叫び、決起したのである。

 それから41年、今年もまた5月1日となった。苦しい闘い、楽しい闘いの40年を経て、多くの先達の努力によって、失業・野宿による生活苦にあえぐ仲間への新しい社会制度=「特掃」、シェルターを創らせ、NPOを創り出し、特掃事業をさらに拡大し、守り抜いてきた。「闘うメーデー」これが釜ヶ崎メーデーの伝統だ。

 釜ヶ崎労働者は高度経済成長の時代を、設備投資の最先頭の兵士として、産業構造の転換と雇用の調節役として、時代の主役を担ってきた。ビル、ダム、道路、原発と汗水流しながら、万博景気とオイルショック、バブル景気とその崩壊、好景気とアブレ地獄、失業、野宿、そうした時代を生き抜いてきた。


時代が変わろうとしている。

 一昨年からの世界的不況は、労働者派遣法により新たな景気の調整役とされた派遣労働者を中心に、数百万の労働者から労働を奪った。若者から希望を奪い、高齢者から生活と生きがいを奪った。そして、この労働者派遣法によって景気の調整役からも下された釜ヶ崎では、「寄せ場」=労働市場としての機能を奪い、仕事を奪ってしまった。

 今、「景気は上向き」と云われている。しかしその実体は「雇用なき景気回復」だ。失業者、生活者には何の変化ももたらさない。

 資本家はこの不況下でも、しこたま利益を貯めこみ、労働者には低賃金と失業・野宿を押しつけ、政治家、政府、行政機関は解決の方法を見いだせず、すでに機能しなくなった旧来の社会保障制度を手を変え、品を変え、押しつけようとしている。

 であるならば、我々労働者は、自身が生き残るための『新しい社会の仕組み』を自ら創り出さなければならない。新たな社会情勢に合わなくなった古い制度に縛られ、右往左往する行政に不平不満をぶつけるだけでは何も変えることはできない。失業と野宿の時代は労働者自らが切り開いてゆこう!

時代の節目のメーデーに釜ヶ崎労働者の闘う声を!!


スローガン

①失業・野宿はごめんだ!
②野宿の果ての治療費・保護費より、仕事で健康な生活を!
③新しい社会保障の仕組みを創ろう!
④特掃、週3回で就労自立を勝ち取るぞ!
⑤55歳以下の、年齢制限のない仕事を勝ち取るぞ!
⑥日雇い雇用保険、日雇い健康保険の受給資格を緩和させよう!
⑦緊急雇用事業を食い物にする業者をゆるすな!
⑧アルミ缶、ダンボール集めを就労努力と認定しろ!
⑨生活保護を食い物にする、貧困ビジネスを取り締まれ。
⑩誰もが人間らしく生活できる社会を!
安心して働き、生活できる釜ヶ崎を実現しよう。


全国・全世界の労働者と手を結ぼう!

①派遣法の撤廃・均等待遇実現・安定雇用を勝ち取ろう
②沖縄県民の声を聞け。普天間基地撤去。米軍基地は要らない。
③日米安保、日米地位協定を破棄せよ。
④憲法9条を守れ。自衛隊の海外派兵の常態化を許すな。
⑤排外主義集団「在特会」「主権回復市民の会」を、社会的に包囲せよ。
        朝鮮人学校への差別を止めろ。無償化を即時実現せよ。
⑥アメリカ軍は、イラク、アフガンから出て行け。


正規・非正規を問わず、闘う労働者の団結を!

反戦・反失業・反差別の闘いを前進させよう!
[PR]
# by kamanichirou | 2010-04-29 03:25 | 組合活動報告
全国の仲間とともに反失業闘争を闘おう!!
c0212365_12345777.jpg

新しい闘いの出発点に

なかまのみなさん。
東京山谷で一月十一日に行われた日雇全協反失業総決起集会は、全国から二百名の仲間が集まって集会・デモが行われた。
バス・勝利号で駆け付けた我々釜日労の仲間は、寄せ場日雇い運動の四十年目という節目に、いまだ野垂れ死にのふちに立たされ続けているワシら日雇・失業・野宿者の未来にとっては、これまでの闘いをさらに進めた新たな闘いが必要であり、その区切りの年として、今年の反失業闘争を闘おうという提起がされた。


高度成長経済の五五年体制と言われた時代。


われわれの釜ヶ崎は産業再編であふれた労働力を関西経済発展の礎にと、その象徴たる大阪万博と一連の関連事業に取り込むため、旧来の寄せ場を、建労法という法律で口入れ屋=人夫出し(派遣業者)をなかば合法化し、あいりん職安・労働福祉センター・医療センター(あいりん総合センター)を建て日雇い雇用保険制度(白手帳)と日雇い健保で福利厚生図り、「近代化」することにより、一大労働市場を作ろうと、府・市の行政当局自らが労働者を集めてできてきた。
この時代は、敗戦後の日本経済を官僚主導で、自民党が経済界の利益を代表しながらけん引して急速に経済成長を遂げていき、その中で社会福祉、労働問題など、吹き出す労働者・市民の社会的不満を社会党が代表して、経済成長のおこぼれの中からその一部を受け取り、吸収してゆく、という政治構造の時代であった(五五年体制)。

経済成長の終わりと失業の時代
正社員から非正規雇用の時代へ


バブル経済を頂点に日本の経済成長は欧米に追いつき、止まった。
こうして九〇年代は大量のリストラ、失業と野宿の時代になった。
経済成長の時代に産業構造の転換による失業者を吸収してきた建設業界、寄せ場も景気の調節弁としての機能を失い、失業者のはきだめとされてしまった。
そして、すでに成長の止まった日本の経済に、労働者を抱えている余裕はなくなり、正社員を大量に削減し、労働者派遣法という「人夫出し法」を成立させ、年金・保険で生活全体の面倒を見る必要もなく、いつでも首を切れる、非正規雇用の労働者にとって代えた。いまや日本の労働者の半分近くがワシら日雇いと同じような非正規雇用になろうとしている。
今、ワシらが失業し、多くの非正規雇用の労働者が貧困にあえぎ、野宿を余儀なくされ、満足な社会保障を受けることもできないのは、企業に「おこぼれ」の余裕がなくなったからだ。世の中が変ってしまったのに、雇用保険制度、年金制度、健康保険制度などが、古い55年体制下の正規雇用=正社員用の社会保障制度のまま変わっていないからなのだ。

時代の変化を理解し、新たな社会のしくみを求めていこう!

いま仕事を求めても仕事がなく、自立支援センターで再起を狙っても、生活保護に緊急避難しても、「雇用なき景気回復」のもとでは展望を見いだせない。
生活保護は緊急避難として当然だが、問題の解決にはならない。保護費の膨張が地方自治体の財政を圧迫し、再び締め付けに転換するのも容易に推測できる。ワシらは生活保護を最終目的とすることはできない。働いて生活する=そのほんとの自由をこそ求めているのだから。
かつて、公共の施設(建物・公園・河川・道路などの清掃・管理など)での仕事は公務員が直接やっていた。それを費用の問題で民間委託するのがこの間の流れだが、民間委託にも「利益にならないところはしない」など問題がある。民間の利益のためにこれらの仕事を出すのではなく、公共の利益のためにこの仕事を使わせよう。失業者や一人親家庭、障害者など就職困難者の仕事にしていくことの方が生保、一本やりより、トータルな財政削減になるのは当前だ。
縦割り行政で不可能なこういう新たなしくみをこそ、政権交代が進むような、多くの人たちが変革を求める今の世の中で、一〇年以上も前から「特掃」という形で時代を先取りしてきた釜ヶ崎労働者が、先頭を切って創り出してゆこう。
全国には生活保護並み、あるいはそれ以下の収入で頑張っている人たちが少なからずいる。彼らが頑張れるのは人間の本来的欲求の一つである「労働」=「職」があるからだ。仕事があればワシらも誇りを持って、自由に生活できる。「野宿の自由」などというマユツバでない本物の自由だ。

行政を糾弾だけし、崩壊した古い仕組みを求めても何も生まれない。

働いて人間らしく生活することが一番だと理解できずに、生活保護を受けることが「人権」の最終目的であるかのように騒ぎたてたり、機能不全に陥った職安に、民間企業の紹介を迫ったりしているヤカラもいるが、われわれは、戻ることのできない過去のしくみを求めるのではなく、時代に合った新たな社会の仕組みを目指して立ち上がろう。

安心して働き生活できる世の中を、全国の非正規雇用の仲間とともに闘い、創っていこう!
[PR]
# by kamanichirou | 2010-02-16 12:37 | 組合活動報告
c0212365_3131556.jpg


12月28日の釜ヶ崎越冬闘争突入集会のときは松本美樹さんがすばらしいピアノ演奏を披露してくれました。
[PR]
# by kamanichirou | 2009-12-30 03:13